FastChords

FastChords 4.1.0.1

五線譜を使わない! 独自の楽譜で、ピアノを弾こう

Fast Chordsは、五線譜を使わずにピアノ曲の演奏方法を表示してくれる英語の音楽ソフトです。曲のメロディーを再現するためにどの鍵盤キーを押したら良いのか、絵(図)で表示してくれます。「ピアノを演奏してみたいけれど、五線譜は嫌い!」という人に向いています。使用法をマスターすれば、五線譜に代わる楽譜として、演奏、作曲や音楽教育に利用できるかもしれません。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 「ニセ楽譜」を見れば、五線譜を知らなくても演奏できる
  • 楽譜を編集することで作曲もできる
  • ソフトウェア内で曲を再生すると、鍵盤画面がお手本を示してくれる

反対票

  • 操作がわかりづらい
  • 作曲に手間がかかる

良い
7

Fast Chordsは、五線譜を使わずにピアノ曲の演奏方法を表示してくれる英語の音楽ソフトです。曲のメロディーを再現するためにどの鍵盤キーを押したら良いのか、絵(図)で表示してくれます。「ピアノを演奏してみたいけれど、五線譜は嫌い!」という人に向いています。使用法をマスターすれば、五線譜に代わる楽譜として、演奏、作曲や音楽教育に利用できるかもしれません。

Fast Chordsを起動すると、「ピアノ鍵盤」画面と、アイコンメニューが現れます。ソフトウェア内の曲を開くと、画面がもう1つ開き、鍵盤の絵(図)が大量に縦に並びます。これが「Fake Book(ニセ楽譜)」で、どの鍵盤キーをどのタイミングで押したらいいのかがわかりやすく表示されています。印刷し、図の通りにピアノの鍵盤キーを押してみましょう。

ソフトウェア内で曲を再生することもできます。再生すると、ピアノ鍵盤画面では、自動ピアノのように鍵盤キーが動き出します。この動きをお手本にできるというわけです。

使ってみて便利だと思ったら、作曲に挑戦してみるのもいいでしょう。オリジナル曲は、先ほどのピアノ鍵盤の図を用いて記録していきます。ただし、五線譜を使わないから初心者に優しい、ということはありません。例えば、「GMa6/A」などのややこしい表記を使うので、操作に手間取っている間に思いついたメロディーを忘れてしまいそうです。作曲というよりも、五線譜を知らない人向けに「ニセ楽譜」を作るという用途に適しているでしょう。

Fast Chordsは、「ニセ楽譜」を用いて曲の演奏を表現できる音楽ソフトです。ピアノを続けていきたいなら五線譜を習った方がいいですが、1曲だけ弾いてみたいというときなどに使っていいかもしれません。

FastChords

ダウンロード

FastChords 4.1.0.1